@TOKYO【急募】経理・財務スタッフ/英語スキル必須

社名非公開

2020.05.31
募集職種
【急募】経理・財務スタッフ/英語スキル必須
仕事内容
本社にて、海外拠点(主にアメリカ)の経理・財務業務を中心に担当します。英語スキルを活かして業務を行うポジションです。

【具体的な業務】
1. アメリカ子会社の経理業務一般
2. 本決算業務
3. 財務会計(月次および年次決算の財務諸表の作成など)
4. その他、経理業務サポート

※アメリカ・マニラのスタッフと連携しての業務があります。
※アメリカ駐在の予定はありません。
応募資格
◼️必須要件
下記すべてを満たす方
1. 英語を活用した経理業務の経験
2. 実務レベルで活用できる英語スキル(ビジネスレベルでの英会話スキル・メール対応・文書作成)
3. 日本語:ネイティブレベル(外国籍の場合)

◼️歓迎/尚可
中小ベンチャー企業での経理実務経験
雇用形態
・正社員
試用期間: 有り (3ヶ月)
給与
400 万円 〜 700 万円

◼️待遇条件・昇給賞与
想定年収:400万~700万円
※前職、経験、スキルなどに応じて決定します。

賞与:年2回(6月・12月)、給与改定:年1回(6月)、
通勤手当(月額50,000円まで支給)
勤務地
本社/東京都港区
勤務時間
09:00〜18:00
休日・休暇
【年間休日数:127日】
週休2日制(土日)および祝日、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、有給休暇(入社時に10日付与、最高20日/年)
福利厚生
社会保険完備、時間外勤務手当(全額支給)、退職金制度、社員持株会制度、住宅手当、家族手当
採用の流れ
書類選考
 ↓
面接(2~3回)
※選考回数、内容は変更になる場合もあります。
募集背景
業務拡大に伴う国内経理部門の人的リソース補強が最大の目的です。海外拠点(主にアメリカ)の一部業務を国内に移管する計画があるため、経理チームの組織強化を図るべく、英語スキルを兼ね備えた人材を募集します。
企業情報
設立
2003年08月
事業内容
AI言語解析でのトップシェア企業です。独自に開発したAIエンジンを用いて情報解析を支援しており時価総額トップ100社のうち6割を超える企業との取引実績があります。また、東証マザーズに上場しており、米国、台湾、韓国のグループ会社を擁するグローバルカンパニーです。
もともとは国際訴訟支援や不正調査といったリーガル事業×AIの事業に強みがあり、現在もメインの事業となっていますが、最近ではビッグデータ解析・特許調査・電子メール監査などAIを活用した新たなビジネスを行っています。
主力製品・サービス:
1)リーガル事業
  民事訴訟をはじめ、PL訴訟、特許侵害訴訟や、カルテル調査など
  独占禁止法に関わる調査が避けては通れないハードルであるグローバル企業に対し、
  証拠の特定、収集、提出、及び予兆監査までをカバーするディスカバリ総合支援サービス。
  ※ディスカバリ(証拠開示)とは、被告・原告の双方が証拠を開示する米国訴訟独特の制度。

 2)新規事業
  デジタルマーケティング、ヘルスケア、ビジネスインテリジェンス、
  この3つの事業分野を柱に、人工知能を活用した情報解析事業を展開しています。
   ①デジタルマーケティング
    消費者自身の好き嫌いの判断を学ばせ、
    膨大な情報の中から感覚にマッチしたものを提示することで利用満足度向上を実現するサービス。
   搭載ロボットの法人・個人向けの提供も開始予定です。
   ②ヘルスケア
    膨大なデータベースである電子カルテの解析から問診中の会話の分析まで行い、医療現場の業務改善や
    患者が最善の医療サービスを受ける手助けとなる情報を提供するサービス。
    転倒・転落防止システムの販売/提供開始も進めています。
   ③ビジネスインテリジェンス
    専門性の高い知的財産部門の担当者や人事担当者、営業マネージャーや
    プロジェクトマネージャーの暗黙知を学ばせることで、分析、予測、傾向といった
    ビジネス上の判断を支援する情報を導き出すサービス。

収益モデル:
AIエンジンを用いたソリューション提案によるコンサルティング料

主要顧客:
国内大手、海外ではアジア圏や米国でAIソリューションを必要としている企業
従業員数
101〜300名